忍者ブログ

[PR]

2017/10/22  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スイス製の最高品質の木のおもちゃ

2010/02/01  カテゴリー/木製おもちゃの種類

Neaf社、スイスの会社です。きれいな色と形、知的で質のいい木材、完璧な仕上がり。
1967年からスイスのツァイニンゲンで30人のスタッフで製造し、製品の半分以上が「スイス製の最高品質の木のおもちゃ」として世界中に輸出されています。
製造はほとんど手作業と機械でおこなわれ、ロボットは使用されていません。
おおまかな加工は木工所でおこなわれ、組み立てや色彩をほどこす作業はツァイニンゲンの工場でおこなっています。
素材はヨーロッパの中で伐採しても自然に影響のない(少ない)森の木のみを使用し、広葉樹で硬いカエデ・ブナ・ナシなどを使います。
木のおもちゃのためと言って無駄に木を伐採しないのです。
そしてその中でもとりわけカエデが多くされているのですが、この理由はカエデの木の白さが塗装に向くからです。木の色が塗装を邪魔しないのですね。
ネフ社の特徴のひとつの色彩なのですが、自然の着色料・自然や人体に害のない合成塗料を使用しています。
ヨーロッパのおもちゃの安全基準であるCEマークや、いいおもちゃであることを示すオレンジマーク(シュピルゲートマーク)の認定も受けていてまさに「最高品質」なのです。

デザインを世界中のデザイナーから募集をしているのも特徴のひとつです。この応募があったデザインを商品化するにあたって、以下の基準をもうけています。

・新しいことを伝えられるおもちゃか。
・木で作ることのできるおもちゃか。そして木がそのおもちゃにとって適切な素材であるか。
・同じような製品がすでに市場に出てないか。
・輸送する際の大きさの問題がないか。
・市場で受け入れられる値段で販売することができるか。
・投資はどれくらい必要か。(工具,梱包,説明書…)
・特許面に問題がないか。
・国際規格に反してないおもちゃか。
・ニーズに応えるおもちゃか。
・海外にも出せるおもちゃか、または一定の地域の伝統的なおもちゃであるか。
・作るうえで必要な変更や、色・寸法変更にデザイナーが同意してくれるか。
・もっとも大切なのは仕事上、デザイナーと長く関わっていきたいか、そして関わっていけるか。
 
人気の高いNeaf社の商品、ぜひ実際に見てください。

PR