忍者ブログ

[PR]

2017/10/22  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

舐めても安全な木のおもちゃ

2010/02/01  カテゴリー/基礎知識


赤ちゃんは、必ず…と言っていいほどに手にした物を口に持っていきます。

舐めても安全な木のおもちゃの塗料は大きく分けて2種類あります。
・自然オイル…木の実・植物から採取したもの。くるみ油、亜麻仁油、桐油、渋柿など
・自然ワックス…樹液から摂取したものや昆虫の分泌物、蜜蜂、カルナバ蝋など

自然塗料の特徴は、木の質感を邪魔せず、さらには紫外線・熱に強いことです。
そして何よりお口にいれても安全できて、塗料を塗られたおもちゃはまた地球を汚すことなく自然にかえすことができます。

石油系(ニスやラッカー)は製品の表面にツヤを出し、硬質の膜を作りますが、木は呼吸することができません。
また、紫外線に弱いために、長い試用期間の間にボロボロと塗料がはがれ落ちることがあります。
これはマニュキュアをした爪に例えればわかりやすいのではないでしょうか。
「マニキュアをしたら爪が呼吸できない」。
数日の間にマニュキュアが次々とはがれ落ちる。
除光液で落としたら爪がボロボロになっている…。

石油系が必ずしも危険というわけではありませんが、大切な子供にはできるだけ安心できる塗料を使用したおもちゃ、または無塗装の自然な木のおもちゃを与えたいと思います。

子供に絶対与えたくないものは、ヤニ止めや防虫・防腐のための化学薬品を木に塗ったものや、漂白剤を染み込ませて木を白く見せた物です。
この類のおもちゃは、直接匂いを嗅ぐと薬品の匂いがするのですぐわかります。

PR